人と人との密接かつ円滑なコミュニケーションは、人間性豊かな社会の持続的発展のための基盤である。 人と人との密接かつ円滑なコミュニケーションは、人間性豊かな社会の持続的発展のための基盤である。 人と人との密接かつ円滑なコミュニケーションは、人間性豊かな社会の持続的発展のための基盤である。 人と人との密接かつ円滑なコミュニケーションは、人間性豊かな社会の持続的発展のための基盤である。
加藤 寧

機構長のご挨拶

2015年10月1日より、機構長を拝命致しました。東日本大震災の教訓を活かし、「災害に強い情報通信ネットワーク」を実現すべく、4年前に電気通信研究機構が設立されました。初代機構長中沢正隆教授らのリーダーシップのもと、東北大学電気・情報系が一丸となり、産学官協力のもと着実な第一歩を踏み出すことができました。これまでの皆様方のご支援に改めて感謝申し上げます。電気通信研究機構設立時に、最初の5年間(第1期)は、既存のICT技術をベースとした耐災害ICT研究開発とその社会実装を、次の5年間(第2期)では、産学官の更なる連携による最先端リジリエンスICTの研究開発とその社会への普及を推進する研究開発プランを立てました。「災害は忘れた頃にやってくる」という先人の言葉を戒めに、耐災害ICT技術の世界的研究開発拠点として、リジリエンスICT工学の創始に向け、これからも皆様方のご指導、ご支援を頂きますようお願い申し上げます。

加藤 寧

新着情報

  • すべて
  • お知らせ
  • 受賞・成果
  • イベント
熊本地震で被災された皆様へ
2016.5.12
加藤寧教授・西山大樹准教授の研究グループとNTTの共著論文がICC2016にて Best Paper Award を受賞しました
2016.4.15
出江紳一教授の研究グループがJSTとMOST(台湾・科学技術部)の共同ワークショプにて研究成果を発表しました
2016.3.23
3月14日開催「耐災害ICT研究シンポジウム及びデモンストレーション2016」にて展示とパネル討議をおこないました
2016.3.14
3月12日開催の国連防災世界会議1周年記念イベント「仙台防災未来フォーラム2016」にて テーマセッションを行いました

過去の情報を見る

  • ホーム
  • JAPANESE
  • ENGLISH
  • メンバー限定
サイトマップ